シンプルなカウンター素材と無料レンタルカウンターの「pitacount」
2011年 06月 25日
休日とDVD
熱い返信とTELにより
FRIDAYは久々に自宅にこもり
尖りをみせる週末

休みの時になんするん?
とお決まりの定型文のような
合コン困った時に出てくる言葉ランキング5位のような
(あ?何の根拠もない適当たい適当!)
フレーズですが

DVDっしょ DVD

映画見に行きたいけど
混むし やっぱ費用対効果的にも
TSUTAYA 4本 1,000円 とか
ジャンルとばして色々借りるやろ?
なんつーか1本の時は借りないようなやつもって意味で

んで
ハート・ロッカー
しあわせの隠れ場所

の2本を堪能させて頂きました


①ハート・ロッカー
概要:タイトルはアメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する。
2008年のヴェネツィア国際映画祭、トロント国際映画祭で上映。第82回アカデミー賞では
9部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の
6部門で受賞した。
ストーリー:2004年、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の危険物処理班は
路上に仕掛けられた「即席爆発装置(IED)」と呼ばれる爆弾の解体、爆破の作業を進めていた。
だが、準備が完了し、彼らが退避しようとしたそのとき、突如爆弾が爆発した。
罠にかかり殉職した隊員に代わり、また新たな“命知らず”が送り込まれてきた。
地獄の炎天下、処理班と姿なき爆弾魔との壮絶な死闘が始まる。

②しあわせの隠れ場所
概要:『しあわせの隠れ場所』(原題:The Blind Side)は、2009年のアメリカ映画。
2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名されて入団した
マイケル・オアーのエピソードに基づくマイケル・ルイスのノンフィクション
『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』を映画化。
ストーリー:家族と共に車で帰路に着く途中、リー・アン(サンドラ・ブロック)は
一人で雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オアー(クィントン・アーロン)に目を留める。
彼を放っておけなかったリー・アンは自宅に連れ帰りマイケルの境遇を知ると
一家に迎え入れることにした。リー・アンがアメリカン・フットボールでのマイケルの持つ才能を
見い出したことから、彼は一気にスター選手へと開花していく。
原題の「ブラインドサイド」とは、クォーターバックの利き手の逆側のこと。
右利きのクォーターバックの場合はレフトタックル。
パスプレイの際に体を効き手側に開くため死角になりやすい。
ブラインドサイドのタックルには特に高い身体能力が求められる。


こんなん貼りつけるとか余計なOH SAY WHATやけどたい
両方よかった どっちかっていうと
しあわせの隠れ場所 ぐっときたね
まじでマイケル・オアーやばい
実話とかすげーなこれ
サンドラ・ブロックおきれいでございます

PS
今から準備して千駄ヶ谷LABO
久々のREC まじであぶないよ
ほっこりしたあとは 再び尖るよ
[PR]

by bobostyle | 2011-06-25 18:28 | 日々雑記


<< kakunoga osuki      iya mou ne >>